早めに気づいて対処しよう

老眼

定期的な検診がおすすめ

目がかすむようになってきたな、ものを見てもすぐにピントが合わないなと、年齢を増すごとに感じることが多くなります。その状態を自己判断で老眼が進んできたなと感じて放っておく人もいます。それは市販の眼鏡等で対処できるからなのです。しかしながら老眼は本当に放っておいてもいいのでしょうか。実は、定期的なチェックをすることがおすすめです。日常生活の中では、パソコンやスマホを見たり、また仕事や車の運転などで目を酷使することが少なくありません。日々の目の疲れもあるでしょう。また酷使することで視力に影響があることも。さらに近視や遠視があると老眼にも影響します。自分ではただ老眼が進んできたと感じても、実は加齢による別の目の病気が見つかることもあるのです。目の病気というのは、充血や痛みという症状もありますが、まずは視力の影響が出ることがほとんどなのです。そのため老眼かなと感じたら、まずはきちんと診断を受けることが重要です。老眼のチェックというのはどこでできるでしょうか。それは眼科に通うことです。眼科というのは、クリニックでも総合病院の中でもある診療科です。そのため地方に住んでいても眼科を見つけることは難しくありません。またその際には、視力を測定したり、眼圧などもチェックしてもらうこともできるでしょう。目のトラブルというのは、悪化すれば日常生活にも大きく影響を与えます。そのため老眼かどうか、別の疾患はないかということをきちんとチェックしてもらうことが重要なのです。

メガネと書物

目に負担をかける時代

老眼を普段の生活からチェックする方法は、新聞や商品の説明書から行うことができます。新聞や説明書に乗せられている字がちゃんと見えるかどうかでチェックしていきます。しっかり見えれば良く、ぼやけて見える場合は気を付けなければなりません。

視力検査

水晶体がかたくなる

老眼のチェック方法としては近くが見えづらいなどがあげられます。老眼の原因は水晶体の調整機能が衰えることがあげられますが、大量の紫外線を目に入れることも良くありません。眼病が視力の衰えの原因となることもあるので眼科の受診も考えてみましょう。

メガネと書物

回復するための方法

老眼かどうかチェックして実際そうであったら、アイトレーニングや専用の機器を使って改善を試みましょう。普段食べるものにベリー系のモノや魚卵、小麦胚芽を加え、紫外線にも気をつけて生活することにより老眼を改善させることができます。

視力検査

目の老化現象のひとつです

40代ぐらいの年齢になると、水晶体のピント調節機能が低下してきたり、毛様体の筋力の低下などが原因で、老眼の症状が見られるようになります。気になる症状が見られる場合は、眼科のクリニックを受診して、老眼チェックを受けて下さい。

Copyright© 2019 老眼の進行が気になったら【眼圧などもチェックしてもらう】 All Rights Reserved.