目の老化現象のひとつです

視力検査

早めに眼科を受診しよう

40代ぐらいの年齢になると、水晶体のピント調節機能が低下してきたり、毛様体の筋力が低下してくるので、小さな文字を見た時に目がかすんでしまったり、少し離すと読みやすくなるなどの老眼の症状が出てきます。多少の個人差がありますが、目の老化現象のひとつなので、近視や乱視の人にも見られます。気になる症状が見られる場合は、眼科のクリニックを受診して、問診や診察、検査などの老眼チェックを受けることが大事です。眼科医は老眼チェックをしてから、総合的に判断をしてから、病気を診断されることが多いです。老眼を予防したり、進行を遅らせるためには、生活習慣や食生活を見直すことが大事です。老眼チェックを受けてから、気になる症状を改善するために、優れた抗酸化作用のあるルテインを含んでいる食品や、ブルーベリーやビルベリー、カシスなどを食べるのもお勧めです。強い紫外線を浴びると、老眼が悪化する原因になるので、外出をする時はサングラスを着用することが大事です。パソコンやスマートフォンを、長時間使用している人は、目の疲れを感じる時は使用を控えることも大事です。眼鏡を掛けている人は、眼鏡を外すと文字が見やすくなるなどの症状が出るため、早めに眼科で老眼チェックを受けることが大事です。基本的には有効な治療法は少ないです。目の疲れや肩こり、首の痛み、頭痛などの症状が見られる時は、老眼鏡や遠近両用メガネやコンタクトレンズなどを使用することも大事です。

Copyright© 2019 老眼の進行が気になったら【眼圧などもチェックしてもらう】 All Rights Reserved.