目に負担をかける時代

メガネと書物

予防をするために行うこと

老眼になる人の平均年齢が、徐々に若くなってきているといわれています。その理由は、現代ではパソコンやスマートフォンを利用する人が増え、画面を見る時間が増えたことにあると考えられています。画面をじっと見ると瞬きをする回数が減り、目が乾きやすくなる傾向があります。目が乾きやすくなれば眼精疲労になりやすく、目に負担をかけてしまいます。目を酷使させる時間が増えれば増えるほど目が弱っていき、その結果老眼になりやすくなるといわれています。早い人では40代から老眼の傾向が出てくることもあり、普段からの目のケアが必要になります。自分自身が老眼なのではないかとチェックする方法も普段から行うことで、目のケアに意識を強めることもできるので、チェックするのは老眼を防ぐための1つの良い方法となります。そのチェック方法とは、いたって単純です。まず新聞を取っている人は、新聞の小さい字がちゃんと見えるかどうか確かめることです。ちゃんと見えて字を読むことができれば、まだ老眼に対する心配はありません。しかし多少ぼやけて見えてしまう場合は、予備軍となる可能性があります。ほかにも、商品の説明書の字がちゃんと見えるかどうかでも確かめることができます。もし、チェック方法から老眼の心配がある場合は、目に良い成分を普段の食生活から摂取するか、または目を鍛えるための目の運動をすることで、予防することも可能です。しかし目の運動は、やりすぎると目に負担をかけることもあるため、行う時間には注意が必要です。

Copyright© 2019 老眼の進行が気になったら【眼圧などもチェックしてもらう】 All Rights Reserved.