回復するための方法

メガネと書物

トレーニングなどで回復

老眼かどうかをチェックする必要がある人は、今や老人だけではありません。パソコンやスマートフォンを長時間使用する人もなります。もしも「スマホ老眼」と呼ばれる若年性の老眼になっているのであれば、眼球を動かすエクササイズをすることで改善することがあります。やり方は簡単で、目を上下左右に5秒間動かし、次にぐるりと目を一周させるだけです。繰り返し行えばピントの調整ができるようになり、老眼も改善していきます。老眼かどうかチェックしたとき、進行が早くてもっとトレーニングしたいのであれば、遠近法を使ったトレーニングをするようにします。遠くのものと近くのものを繰り返し見る方法であり、毛様体筋を鍛えることが可能です。これも近くから遠くへ、遠くから近くへ目線を動かすだけでトレーニングとなり、このセットを20回毎日行えば効果が出てきます。それでも効果がなかなか出ない、面倒だと感じる人は、眼球をトレーニングする専用の機器を利用すると老眼を改善できます。目の筋肉をほぐしたり老眼の進行を食い止めたりする効果がある機器です。また、普段の生活では紫外線を浴びる量をチェックすることで老眼を改善できることもあります。外出するときはUVカットできるサングラスをつけたり帽子をかぶったりすると目を紫外線から守ることが可能です。紫外線に触れると水晶体が硬くなる原因を作ってしまうので、老眼を改善するためにも紫外線対策は欠かせません。自分の食生活もチェックしてみてください。視細胞である「ロドプシン」を活性化させてくれるベリー系の食べ物や、視細胞が衰えていくのを防いでくれる魚卵や小麦胚芽を積極的に摂ると改善につながります。

Copyright© 2019 老眼の進行が気になったら【眼圧などもチェックしてもらう】 All Rights Reserved.