水晶体がかたくなる

視力検査

目の調整力が衰える

40代以降になると目の不調を訴える人が増えてきますが、中でも近くが見えづらい、文字が読みづらいなどの老眼は多くの人が悩む症状です。悪化を防ぐためにはその原因も知っておきたいですが、これは加齢ともに水晶体の弾力がなくなり、かたくなるからと言われています。水晶体は網膜でピントが合うように厚さを調整していますが、弾力性が低下すると調整力が弱まり近いところが見えにくくなってしまいます。そして新聞などの文字が見えづらいだけではなく、肩こりや目の疲れ、頭痛などの症状も出やすくなってしまいます。老眼チェックは近くのものや細かな文字が見えづらいことで気づくことも多くなっていますが、この他でも以前よりも目が疲れやすい、肩がこりやすいなどもチェックポイントです。近視の人が老眼になりにくいという噂もありますが、近視の人は元から近くにピントが合っているので気づきにくいからだと言われています。近視の人も同じように老眼は進んでいきますので、油断せずにある程度の年齢になったら目の変化はしっかりとチェックしておきたいところです。この他の老眼のチェックポイントとしては、夕暮れなど暗くなってきたら見えづらいなどの症状もあります。水晶体の調整力が衰えることが老眼の原因となりますが、大量の紫外線を目に入れることも悪化を招く可能性があるので注意が必要です。それから、高齢になると老眼だけではなく、緑内障など目の病気のリスクも高まってきます。視力の衰えが他の眼病によるものである可能性もありますので、眼科でのチェックも受けてみると良いでしょう。

Copyright© 2019 老眼の進行が気になったら【眼圧などもチェックしてもらう】 All Rights Reserved.