目の疲れを感じる

老眼

見えにくくなります

40代になってなんとなく目が疲れることやかすむことが多くなってきます。また、自分でチェックした時に本の文字やパソコンの字が見えにくくなってくることや薄暗いお店でメニューが見えにくくなったことなど経験がある方も多いとおもいます。40代は、1番の働き盛りでもあり子供を育てていくのに忙しい世代でもあります。自分では、まだまだ若いつもりですが20〜30代の頃のように体に無理が効かない年齢にさしかかってきていることも事実ですので目のチェックが大切になってきます。老眼は、物を見る時のピント調整の働きが悪くなることが原因でおこるものです。老眼は、病気ではなくて年齢とともに誰にでもおこる現象です。その起こった時に早めのチェックをして対処の仕方で今後の物の見方も変わってくるので無理をしないことが大切です。最近はパソコンやスマホなど小さな画面を見る機会が多くなってくるので、まずは目を疲れさせず休ませることが必要になります。無理をして見続けると目の疲れだけではなく肩こりや頭痛など他の症状も出てくることがあるので、早めに眼科に行って老眼鏡を使用するのも対処としてあります。老眼鏡を使うと余計老眼が進むように感じますが、かけてもかけなくても進行度合いは変わらないと言われています。老眼鏡をかけないで無理して見ていると目の疲れがどんどんたまって、脳に影響も出やすくなるので早めに改善するのがおすすめです。また、目の疲れを改善してくれる目薬もおすすめです。ビタミンB12やビタミンEの配合の目薬も疲れ目に効果が表れやすいのでおすすめです。早めに自分で目のチェックをして目を大切にするのが大切です。

Copyright© 2019 老眼の進行が気になったら【眼圧などもチェックしてもらう】 All Rights Reserved.